茶粥

金山寺みそはご飯のお供に最適なおかずみそです。特に紀州の食卓の定番である茶がゆには、昔から金山寺みそが唯一のおかずとしてなくてはならないものでした。

香ばしく焙じたお茶で炊く茶がゆに、ちょっと甘めの金山寺みそがよく合います。

この金山寺みその豆の一粒一粒や漬け込まれた野菜のシャッキリ感、たまに顔をだす細切りしょうがのピリッとした味わい、爽やかな風味の赤しそ、それらと共に味わう茶がゆは食欲の無い時でもさらっと美味しくお召し上がりいただけます。

ご飯のお供に

  • お野菜と

    きゅうりやレタス、セロリなど
    淡白な生野菜によく合います。

    シャッキリとした食感の生野菜にのせて
    召し上がっていただくと、
    みその粒やうま味がまとわり、
    甘み引き立つくせになる美味しさです。

    きゅうりやレタス、セロリなど淡白な生野菜に
  • 上品な白身の焼き魚に
    金山寺みそを添えてお召し上がりください。

    今日は醤油ではなくこの金山寺みそを
    香ばしく焼きあがった魚と共に。

    いつもの焼き魚が一味違う一品になります。

  • そのまま酒の肴としてお召し上がりください。

    少しずつ箸ですくいちょっとなめては
    お酒をぐいっと一献。

    たまに顔をだす野菜がまた美味しく、
    適度な塩味とうま味でお酒がすすみます。